前へ
次へ

医療にまつわる面白い諺

医療にまつわることわざがたくさんありますが、その中でも面白い諺がいくつかあります。その代表的なものの1つが、古代エジプトにある諺です。どのような諺かと言えば、「人は食べたものの4分の1で生きることができる。残りの4分の3で医者が養われる」といったものです。これはどのような意味かと言えば、人間が1日3食食べていても実はそのほとんどのカロリーは健康を維持するために必要ではないことを意味しています。むしろ病気を誘発している可能性の方が高いです。1日3食しっかり食べなさいと医者が言うのは、ある意味医者が儲かるために行っているようなものです。世の中を見れば1日3食しっかり食べなさいと言う人ほどカロリーの取りすぎの人が多く、これは食事のしすぎが原因です。もし、諺通りならば3食食べているうちの2食は医者が儲けるために食べているようなものと考えておけば良いでしょう。実際に1日1食にしてみれば3食食べる必要がないことがはっきりとわかります。

Page Top