前へ
次へ

医療保険が効かないこともある

医療保険を契約しているからといって安心してはいけません。医療保険のようなものは肝心なときに使えないことが多いものです。例えば、ちょっと規約に反すると医療保険が使えなくなったり、逆に医療保険会社から訴えられることがあります。医療保険は保険契約者のためにあるのではありません。実際、医療保険会社からしたら消費者がどうなっても構わないのです。こうした姿勢は隠すことのできない事実ですから、医療保険を契約する際には規約の隅から隅まで確認して後悔しないようにしておきたいところでしょう。特に大事なのが医療保険のコストパフォーマンスです。医療保険によってはコストパフォーマンスが最悪なこともありますが、こうしたコストパフォーマンスの計算はかなり複雑です。だからこそこうしたコストパフォーマンスを計算してくれるようなウェブサイトを利用して計算しておくことをおすすめします。もしもコストパフォーマンスが悪い場合には再契約をおすすめします。

Page Top